カナダにワーホリで来て現地で実際に働きます。
そして稼いだお給料はカナダで開設した銀行(僕はTD)の口座に毎月ATMで入金してきました。

仕事にも慣れ、友達も出来て楽しい生活をしていましたが、時間が経つのは早いもので帰国が迫ってきました。
そこで初めて、稼いだお金を持って帰る方法について考えました。

「・・・・・・あれ?どうするんだ??」


今回はこんな感じで日本にお金を持って帰る方法を考えていなかった人向けの対応策を記事にしてみたいと思います。


ワーホリ終盤にきて「新生銀行」を知る!

そう!僕はカナダに来る際、「とりあえずクレジットカードはあるし、カナダで口座を開設したら日本からお金を少し送金してもらって生活すれば良いや」という行ってからのことしか考えておらず帰るときに起こる事態について全く考えていなかったのです。

その結果カナダで稼いだお金を日本に持って帰る手段がありませんでした・・・
帰るとなってから色々調べて、「新生銀行」を利用すれば手数料0円で外貨のまま日本に送金できることなどが発覚。なんてこった。

そこで色々考えてみたのですが、少額なら換金してスーツケースの底にでも隠して自ら持って帰るというのもアリです。が、結構頑張って働いたのでウン十万円程TDバンクの口座にはある状態でした。

この額を換金して自分で持って帰るのはちょっと怖い。なんか空港で怒られそうだし。

そこで発見した方法がこちら。



PayPal

「PayPal」というものをご存知でしょうか。

ネットで買い物をするときにたまに支払い方法で選べたりするのですが、このPayPalというサービスに登録してアカウントを作ると、自分のクレジットカード番号が登録出来るのでネットショッピング時に支払い方法として使えるようになります。

これでなにが良いのかと言うと、いちいちクレジットカード番号などを入力する手間が省ける上に、PayPalにはカード番号などの情報が知られていますが買い物するお店には知られないので安全に買い物が出来るというメリットがあります。

簡単に言うとこんな感じで、PayPalのアカウントがあればネットショッピング、特に海外での買い物が便利になります。

で、このPayPalが今回の件に関係するもうひとつのサービスとして「銀行口座が登録できる」というものがあります。


銀行口座登録サービス

PayPalでアカウントを作ると基本的にはまずクレジットカードを登録しなければいけないのですが、銀行口座の情報も登録する場所があります。

paypal_accountTop


こんな感じでログインすると銀行やカードの情報が出ます。 お金があんまりないのは気にしないでください。。。

今回大事なポイントはこの銀行口座です。

※これから説明する方法は僕が実際に行った方法ですが、裏技的な感じなのでおすすめはしません!自己責任でお願いします。あと、少しお金が減ってしまいます。


カナダドルを日本の口座に送金する方法

では、カナダの口座にあるお金を日本の自分の口座に移す方法を説明していきます。

まずはPayPalのアカウントを持っていないといけません。そしてアカウントは2つ必要になります。
この2つ取得するというのがミソで、ひとつは日本の口座用、もうひとつはカナダの口座用として作ります。

そしてカナダのアカウントから日本のアカウントに移すという流れになります。

アカウントを作る時にクレジットカードが必要になりますが、カナダ用の方はTDバンクなどのデビットカードでも大丈夫だったと思います。

あ、あとメールアドレスも2つ必要になります。
お金を移す方法は簡単で、メールアドレスを指定するだけで出来ます。
カナダのアカウントから日本用アカウントのメールアドレスを入力するだけです。

1.PayPalのアカウントを作成

アカウントを持っていない人はPayPalのページでアカウントを作ります。
1つ持っている場合はもうひとつ作ってください。

その際にカナダ用は英語で情報を入力した方が良いと思います。

クレジットカード決済-PayPal(ペイパル)

もしアカウントを持っていて日本語のPayPalサイトにカナダからログインしようとすると確認用のテキストがスマホの番号に送られる画面が出るかもしれません。その場合はVPNというものを使えば確認なしでログイン可能になると思います。
Hulu、Netflix、GYAOなど海外から日本の動画サイトを見る方法 : ワーホリ日記inバンクーバー


2.それぞれに銀行の情報を登録

「Wallet(ウォレット)」をクリックすると銀行とカードの情報を登録する画面が出るので日本用のアカウントには日本の銀行口座、カナダ用にはカナダの銀行口座情報を登録。
paypal_accountCard

これで準備はできました。


3.送金する

ではカナダのアカウントにログインします。

そして「Send&Request」をクリック。

paypal_soukin

この画面でお金を送りたい相手を選びます。なので日本用アカウントで使っている自分のメールアドレスを入力する。

paypal_soukin2

すると金額を入力する画面になるので移したい額を入れる。
今のレートだと100CADが7,827円になってしまいます。悲しい。

下にメッセージを書く欄もあるので気が向けば書きましょう。

paypal_soukin3

そしてどうやって支払うかを選ぶ画面が出ます。
当然口座の残高を移すので銀行の方を選択。(上が選ばれてるけど下です)

手数料がかかるので全額送金はやめましょう。
僕は少し残して後から銀行口座の解約手続きをするときに現金で残りを受け取りました。

確か手数料は送金額で変わった気がします。


で、ここまでやれば支払いが確定されるんだったはず。
説明用に最後までやるのは怖いのでここまでですみません。

その後、送金先に指定した自分のメールアドレスに「支払いが来ました」というメールが届けば送金は完了です。

paypal_soukin4



30日以内にリンクをクリックして受け取りを忘れないように!


4.口座へ移す

これで日本のPayPalアカウントを確認すると残高が増えています。
とりあえずカナダの口座にはほとんど残っていない状態に出来ました。

そうしたら、後は日本のアカウントから日本の銀行口座へ移し替えるだけです。
この手続はもういつでも出来るので、帰国してからとかでもOKです。

別に今後PayPalでネットの支払いなどをしたければそのままこのアカウントに残しておいても良し。

移す方法は、日本のアカウントにログインして「ウォレット」の「出金」をクリック。

paypal_shukkin



するといくら出金するかの入力画面になるので移したい金額を入れるだけです。

paypal_shukkin2
処理が確定すればまたメールが届きます。

まとめ

ということで、PayPalでカナダのお金を日本の口座に移すという最終手段について紹介しました。

しっかりしている人は日本から来る前にこういう手段は調べて確保していると思うので無用な話です。僕と同じようにうっかりさんな人は参考にしていただければと思います。

本当に出来るのか怪しいので僕はまず、少額で試して上手く行ってから本番に臨むようにしました。なぜかわかりませんが、PCでやると送金できませんとエラーが出たのにスマホのアプリでやるとすんなり行ったりという現象もありました。

なので一度試してから本番というのをおすすめします。

ただし、途中でも書いたように換金率や手数料の問題でお金が減ってしまいます。

僕はそんなことを気にしていられないぐらい結構ギリギリのタイミングになっていたので少し減っても良いからとりあえずお金を移す手段としてこれを選びました。

みなさんはギリギリになって焦らないように早めにこういうことは対策を考えておくようにしてください(笑)