[画像:424992d9-s.jpg]

バンクーバーに来てから、お酒を飲む機会が結構減りました。
というのも、お酒を飲みたければID(身分証)が要るというのを
来る前に情報として仕入れていたのでそれが面倒だったからです。

なので外にごはんを食べに行くという約束を事前にしているときは
ID(パスポート)をかばんに仕込んで出かけていました。


そもそもそんなにお酒を飲まない

僕は日本でお酒を飲むと言えば大体は飲み会など外で飲むことが多く
たまにスーパーやコンビニで缶のお酒を買ったりして飲む程度でした。

なのでそこまで酒豪でもなく、お酒を欲しているという訳でもないのですが
それでもやっぱりたまには飲みたくなる日もあります。

でも日本みたいにコンビニですぐに買うことができません。

さらに引っ越しをして自分の部屋にキッチンもあり、
友達を呼んでごはんを作って食べるということが可能になったので
余計にお酒を飲みたい欲求が高まりました。

リカーショップの存在

ということで、リカーショップへ行こうという結論が出ました。

バンクーバーを歩いているとあちこちで目にする看板「BC LIQUOR Stores
シェアハウスに住んでいたときは中々入ろうとは思いませんでした。

でも、一度中に入ってみてください。
日本ではお目にかかれなかった様々なお酒が並んでいます。

カナダのお酒から、アメリカ、ドイツ、オーストラリアなどなど
色んな国のお酒が販売されており
缶やボトルのパッケージもデザインが面白くて
それを眺めに行くだけでも結構楽しいところです。

お気に入りを見つけよう

BC LIQUORでお酒を買う時に問題があります。
それは缶のお酒はセット売りが多いということです。

冷蔵庫の中を見ると缶のお酒がたくさんありますが
大抵は4本とか6本などのセット売りになっています。

友達と一緒に飲んだりするときは良いのですが
自分だけで飲む場合、どんな味か分かっていないのに
セットで買うのはちょっと勇気が要ります。

実際適当に買ってみて好きな味じゃないのを買って後悔しました。笑

なので、まずは1本で売っているものを色々買って飲んでみるのがオススメです。
お店に入ってすぐの辺りに1本から買えるお酒が置かれていることが多いです。

それかボトルでも安いのがあるのでそれを買っても良いと思います。

購入の仕方

商品を買う時にIDは必要だと思って持っていくと思いますが
なぜだか店舗やレジの人によってはIDを見せろと言われないことがあります。

理由はよくわかりません・・・

僕は同じ店で2回見せろと言われなかったので3回目は持っていかずにレジに並んだら
その時のおじさんには見せろと言われて買えないという事件がありました。

なので基本IDは必要です。
しかもパスポートだけじゃなくて、クレジットカードなどでもう一つ必要です。

2種類見せろと言われます。

BCIDという運転免許証と同じ効力の身分証を発行すればそれだけで行けると思いますが
それをやっていない人はこの方法になります。

→BCIDについて

とりあえず中に入ってみてください!

という訳で、BC LIQUORは楽しいところなので一度は入ってみるのをおすすめします。
Googleで検索したらあっちこっちで出てくるはずです。

今度気が向いたら僕の好きなお酒を紹介してみようと思います。

※紹介記事を書きました。